こんにちは!愛知県豊川市に拠点を構えて、愛知県東三河地域を中心に「建物解体工事一筋」に事業を行ってまいりました株式会社加藤解体工業です。
仕事をするのであれば、どういった作業をすることになるのかを事前に知っておきたい方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、解体工事にはどういった作業があるのかについて、ご紹介いたします。
解体工事にご興味のある方は、参考にしていただければ幸いです。

現場作業員の場合


まずは、現場作業員の場合の作業について迫ってみたいと思います。
現場作業員とは、作業現場においてユンボなどの重機やハンマーを用いて解体などを行っていく仕事です。
他にも、解体で発生したゴミを撤去することや、ハンマーでゴミを粉砕することが該当します。
また、粉じん対策として現場に水撒きを行うのも業務です。
そして、現場作業員はハンマーなどを扱う『作業員』と『重機オペレーター』という重機を扱うスタッフに分かれます。
現場作業員にも2種類あることを覚えておきましょう。

ドライバーの場合

解体工事の現場では、ドライバーも活躍しています。
解体工事でのドライバーは、解体をしたときに発生したゴミなどをリサイクル場までトラックで運ぶことが業務です。
回収されたゴミが、再利用できるようにする場所がリサイクル場です。
解体工事でのドライバーの仕事は、運ぶだけではありません。
ゴミを運ぶ必要のないときには、現場において現場作業員と共に解体作業を行います。
ドライバーは、ゴミの運搬の他にも現場で解体の手伝いも行うことを知っておいてください。

加藤解体工業へご相談ください!

株式会社加藤工業では、解体工事のご依頼を承っております。
弊社は昭和44年の創業以来、愛知県東三河地域を主として建物の解体工事に真摯に取り組んでまいりました。
それぞれの作業一つを取っても丁寧さと確実性を念頭に置いて、作業をしております。
解体工事をご検討中の方は、ぜひ株式会社加藤解体工業にご相談ください。

【求人】加藤解体工業では新規スタッフを募集中!


株式会社加藤解体工業では、共に働いていただけるスタッフを募集中です。
弊社はアットホームな雰囲気である点が持ち味であり、社内イベントも開催しております。
そのため、スタッフ同士で仲良く楽しみながら働くことが可能です。
また、資格取得支援制度が充実しているため、仕事をしつつ資格の取得を目指すこともできます。
解体工事をやってみたいという方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


****************************************************************
株式会社加藤解体工業

愛知県豊川市宿町古十王104
TEL:0533-75-6262
****************************************************************